ロールケージ(for 156/156GTA/147/147GTA/GT2.0) [LORUKG1]

ロールケージ(for 156/156GTA/147/147GTA/GT2.0) [LORUKG1]

販売価格はお問い合わせください。

この商品にはポイントはつきません。

商品詳細

【NEW】

ロールケージ リリース!!

安全装具の究極!!
タウンユースの利便性も配慮したロールケージ

a 製品概要・特徴
街乗りからスポーツ走行まで1台で兼ねるオーナーにオススメするロールケージ。
車種専用開発とし、隙間なくピラーに沿うように設計することで、広い視野と乗降性を追求。
リアシートも使える利便性にこだわり、すべての車種すべてのタイプで乗車定員変更の申請の必要がない仕様としました。
サーキットにおいての安全性向上とともにボディ剛性を向上させる効果もあります。
目的に合わせて5点式、6点式、8点式の3タイプからお選びいただけます。

b ここが違う
■安全の考え
何よりもサーキット走行での安全を優先し、JAF規則に適合した高剛性を実現。
パイプワークを工夫し、ヘルメット着用時も充分なヘッドクリアランスを確保しました。
また、タウンユースにおいても安心して使用いただけるようにオプションにてロールパッドもご用意しました。

c TEZZOオリジナルの特徴
■TEZZOデモカーにて装着、テスト済み。
サーキットにおいて確実に固定・機能することを確認済。

 

e 開発ストーリー
最近のサーキットでは、セイフティゾーンに砂利が敷いてあり車両が止まりやすくなっている。
だが、その一方で、砂利によって転倒しやすい。
そう考えると、できるならば安全性が高いロールケージを装着した方がいいだろうと考えた。

一方、タウンユースを考えると、見た目や利便性に配慮して車内に隙間なく装着したい。
フロントシートへはもちろん、リアシートへの乗降性も損なわないようにしたい。

すべてを解決するには、車種専用設計とする他ない。

ロールケージのレイアウトに工夫を施し改良を重ねた。
例えば、サンバイザー。
フロントのルーフを這わせるタイプは、純正のサンバイザーが干渉し使用できなくなる製品が多いが、問題なく使用できるようにした。
そうしたディテールが使用感に影響するため、妥協せずにひとつひとつ解決しながら製品化したのがTEZZOロールケージだ。

f ユーザーズレポート
こちらをクリックしてご覧ください。

 

【ラインナップ】
156/156GTA/147/147GTA/GT2.0

【価格】
5点式 ロールケージ本体価格\69,500 
6点式 ロールケージ本体価格\90,000 
8点式 ロールケージ本体価格\110,000

※価格はすべて税別です。

 

 

◆TEZZO BASEのファクトリーにて各車種お取り付けをさせていただきます。

工賃やロールパッドに関してはフロントまでお問い合わせください。
TEL: 045-948-5535


(注)ロールケージの取付けは、ボディの穴開けや内装加工等が必要となります。
公道を走行する車両(ナンバー付車)は、乗員保護用の緩衝材(ロールパッド)の装着が義務付けられています。

 

レビュー

0件のレビュー